スタート地点では佐賀市民吹奏楽団が迫力ある演奏で出発するランナーを鼓舞した。約40人の奏者がマラソン大会でよく演奏される「Runner」や最近のヒット曲「恋」「前前前世」などでエールを送った。

 選手から手を振られたり「ありがとう」と声を掛けられ、曲の合間には団員も楽器を手にしたまま「頑張って」と応援していた。高柳正和副代表は「普段のホールより音量を1・5倍ほど大きくするなど力が入った。ランナーが喜んでくれて、楽しく演奏できた」と話していた。