24日開催の「さが桜マラソン2019」に参加するランナーを励まそうと、佐賀市が佐賀駅バスセンターに応援メッセージボードを設置した。20日には数多くのエールが一面を埋め尽くし、大会前日の23日午後4時から同市の656広場で開かれる「ランナーズナイト」でも掲示し、記入を受け付ける。

 ボードは高さ約1・8メートル、幅約2・5メートルで、バスセンターの東側出入り口付近に設けた。バス利用者や通学の高校生らが「完走目指してFight!」「応援がんばります」など後押しする言葉をつづった。

 佐賀駅バスセンターの福岡好男所長は「今年は例年より春の訪れが早い。名前の通り、佐賀の桜を楽しみながら走ってほしい」と呼び掛けた。

 大会は佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会・佐賀県・佐賀市・神埼市が主催、ミサワホーム佐賀が特別協賛して開く。